子供乗せ電動自転車はレンタルがおすすめな件


子供が保育園に通い出す等の時に移動手段として検討される「子供乗せ電動自転車」は、購入しようとしたら少なくとも10数万円かかります。今は何でもシェアしていく時代。子供乗せ電動自転車もレンタルすると、必要な時期の分だけの費用になり、メンテナンスや処分のことを考えても圧倒的に格安です。

<目 次>
1.子供乗せ電動自転車が子育てママに強い味方な理由
 1-(1)登り坂でも重い荷物が載っていても辛くない
 1-(2)安定性・安全性の高い子供乗せチャイルドシートを装着
2.子供乗せ電動自転車を購入する場合
 2-(1)主要メーカーは「ブリヂストン(BRIDGESTONE)」「ヤマハ(YAMAHA)」「パナソニック(Panasonic)」
 2-(2)自転車保険、盗難保険
3.子供乗せ電動自転車をレンタルするメリット
 3-(1)必要な時期の分だけの費用ですむ
 3-(2)レンタル中の消耗品(バッテリー含む)交換は無料
4.まとめ

1.子供乗せ電動自転車が子育てママに強い味方な理由

1-(1)登り坂でも重い荷物が載っていても辛くない

アシスト性能は自転車の漕ぎ出しや、坂を登るのも全くしんどくなくとっても快適です。保育園・幼稚園までの道のりに坂道が多い方や、自転車で買い物に出かけることが多い方にとっても強い味方となることでしょう。少ない力で安定した走りを可能にするので、子供を乗せていても安心です。

1-(2)安定性・安全性の高い子供乗せチャイルドシートを装着

子供乗せチャイルドシートは「前乗せ」(適性1歳~3歳)と「後ろ乗せ」(2歳~6歳)があります。
前乗せチャイルドシートは、ホールド感が高く、包まれているような形状の物が多く安定性が高いものとなっています。子供の体重もタイヤの中心に位置するよう工夫してあり、ハンドルの取り回しも快適です。
後ろ乗せチャイルドシートは、運転者からは目が届きにくいので安定して乗せる2歳以上からがおすすめで、前乗せタイプよりも長い年数乗ることができます。

2.子供乗せ電動自転車を購入する場合

2-(1)主要メーカーは「ブリヂストン(BRIDGESTONE)」「ヤマハ(YAMAHA)」「パナソニック(Panasonic)」

2-(2)自転車保険、盗難保険

トラブル・事故はいつ起こるかわかりません。自分自身や家族の安心安全のため、保険は必ず検討されると思います。

3.子供乗せ電動自転車をレンタルするメリット

3-(1)必要な時期の分だけの費用ですむ

必要な時期が限られている方といえば具体的には

  • 転勤の予定がある
  • 将来は車を使う予定である。
  • 子供が大きくなったら要らない。

という状況が考えられます。

例えば、最新型の子供乗せ電動アシスト自転車をレンタルしている「MBR」では、レンタル料金は、4,860円~/月 になりますので、購入した場合と費用を比べてみます。

2人用自転車 Y社から購入した場合

メーカー希望小売価格 151,200円
リアバスケット 4,860円
防犯登録 540円
合計 156,500円(税込)

2人用自転車 MBRでレンタルした場合

1年利用・・・5,400円×12= 64,800円
2年利用・・・4,860円×24=116,640円

これらでわかるように、短期間であるならレンタルが圧倒的に格安です。

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

3-(2)レンタル中の消耗品(バッテリー含む)交換は無料

自分で自転車のメンテナンス、管理をする場合、消耗品の経費は必ずかかります。しかし、レンタルだとこれが無料!特にバッテリー交換も無料なのは大きいと思います。

4.まとめ

子育てに奮闘しているママ達の強い味方として、子供乗せ電動自転車のレンタルを紹介しました。興味ある方は、試乗(株式会社サークランド麻布営業所にて)もできるようなので検討してみてはいかがでしょうか。

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

コメントを残す