キャンプや車中泊に適したバッテリーはこれだ!

キャンプや車中泊に適したバッテリーは①大容量ポータブルバッテリー②ソーラーバッテリー③大容量モバイルバッテリー、があります。車で移動する場合なら多少重くても①大容量ポータブルバッテリーが便利です。徒歩や自転車で移動するキャンプであれば、②ソーラーバッテリー③大容量モバイルバッテリーの組み合わせになるでしょう。どんなキャンプをするかに応じたバッテリーの選び方について説明します。

<目 次>
1.車で移動するキャンプや車中泊では「大容量ポータブルバッテリー」
 1-(1)ポータブルバッテリーの容量はどれくらいあれば便利?
 1-(2)ポータブルバッテリーのおすすめのメーカー
2.キャンプで便利な「ソーラーバッテリー」
 2-(1)ソーラーバッテリーの発電量を期待するなら
 2-(2)ソーラーバッテリーの発電は補助的に考える
3.おすすめの大容量ポータブルバッテリー
4.まとめ

1.車で移動するキャンプや車中泊では「大容量ポータブルバッテリー」

1-(1)ポータブルバッテリーの容量はどれくらいあれば便利?

ずばり、キャンプ・車中泊には350Wh以上がおすすめです。例えば、夏場ではポータブル扇風機を使用することがありますが、これらを長時間運転させることも可能になります。他にも音楽をかけたり、夜間のライトに使ったりするのなら、容量400Wh以上のものを選んでおくというのが目安になるでしょう。

1-(2)ポータブルバッテリーのおすすめのメーカー

人気のメーカーは、「Anker」「smartTap」「cheero」の3つです。家電製品が直接使えるため、大変便利です。それぞれのメーカーでの人気のポータブルバッテリーを紹介します。

2.キャンプで便利な「ソーラーバッテリー」

2-(1)ソーラーバッテリーの発電量を期待するなら

折り畳み式の大型パネルを搭載したソーラーバッテリーがいいでしょう。

(商品例)

2-(2)ソーラーバッテリーの発電は補助的に考える

ソーラーパネル付きモバイルバッテリーというものがありますが、実際に使ってみると、「発電量はあくまでも補助的なもの」という捉え方をしておくといいかと思います。
天気が良ければ補助的に発電させ、あとは普通のモバイルバッテリーと同じように充電して使う、という使い方がいいでしょう。

3.おすすめの大容量ポータブルバッテリー

ポータブルバッテリーは大変多くの種類が販売されており、容量も多いものが増えてきました。ここでは、本体容量が50000mAhと非常に大容量のモバイルバッテリーを紹介します。スマホやタブレットだけでなく、ノートパソコンやデジタルカメラなどにも充電できるのが特徴です。

4.まとめ

バッテリーの容量は、割と価格に比例しますので、最低限必要な容量を選ぶことがベストでしょう。また、重さも比例しますので、持ち運びを考えると、自分のスタイルに合ったものがいいでしょう。
どのスタイルでも共通していえることは、「リスク分散のため、複数準備しておく」ことが大切だと思います。最近では、自然災害も多発していますので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

大容量のポータブル電源「エナーボックス」

自転車旅が好きな中年親父。キャンプ経験(キャンプディレクター)から、自転車キャンプツーリングにハマりました。名前の由来は、出生時の体重が3,750g (貫は重さの単位で、1貫=3,750g )だったことから。#自転車旅 #クロスバイク #アウトドア #キャンプ #自転車通勤

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする