夏の自転車通勤は熱中症に注意!おすすめの熱中症対策グッズも紹介!

梅雨の蒸し暑い日が続いています。新型コロナウイルスの影響でマスク着用の生活様式になり、自転車通勤では熱中症のリスクが高まってきました。皆さんはどんな対策をしていますか?これから夏に向けて、熱中症対策は不可欠。そこで、夏の自転車通勤と熱中症対策について、おすすめグッズも含めて紹介していきます。

<目次>
1 暑い夏の熱中症対策
 1(1)できるだけ暑さを避ける
 1(2)こまめな水分補給
 1(3)熱を解放しやすくする工夫
2 おすすめの熱中症対策グッズ
 2(1)保冷ボトル
 2(2)首を冷やすグッズ
 2(3)サングラス
 2(4)通気性の良いヘルメット
 2(5)経口補水液
3 熱中症かな?と思ったら
 3(1)涼しいところで体を休ませる
 3(2)放熱
 3(3)水分補給
4 まとめ

1 暑い夏の熱中症対策

1(1)できるだけ暑さを避ける

夏は日中、とても気温が上がりますが、昼間に比べて朝方の方が気温が低く、涼しいことが多いことから、通勤時間を朝早めにしておくことも一つの手です。

1(2)こまめな水分補給

「こまめな水分補給」が最も重要な対策でしょう。
真夏であれば、15分おきに口に水分を含むぐらいのペースが必要かと思います。

熱中症対策として、「喉が渇いた」感覚になるのは、水分補給が間に合っていない、という目安になります。

例えば、信号待ちの度に一口水分補給、といった習慣を身につけましょう。

1(3)熱を解放しやすくする工夫

服装や身に付けるものも工夫できます。
服装は、通気性がよく、速乾性のシャツやズボン等が便利ですね。

また、ヘルメットもしっかりフィットとし、通気性の良いものがいいですね。

2 おすすめの熱中症対策グッズ

2(1)保冷ボトル

2(2)首を冷やすグッズ

2(3)サングラス

2(4)通気性の良いヘルメット

別ページに自転車通勤用のヘルメットを紹介していますので、参考にしてください。

2(5)経口補水液

3 熱中症かな?と思ったら

3(1)涼しいところで体を休ませる

日陰や空調の効いた屋内に移動しましょう。街中であれば、空調の効いたコンビニや商業施設の中に入るのも大変効果的です。

街中でなければ、木陰や風通しの良いところを探して移動し、体を休ませましょう。

3(2)放熱

衣服を緩め、体の表面から熱が逃げやすくします。特に、3つの首(首、手首、足首)から熱が放出しやすいように、露出しましょう。

3(3)水分補給

必ず水分補給をします。できれば、塩分補給もしたいですね。スポーツドリンクや経口補水液があれば、そちらの方がいいです。

なお、自力で水分補給ができないくらい衰弱していたら、即、救急車を呼ぶことをおすすめします。

4 まとめ

熱中症対策について紹介しましたが、毎日の通勤になるので、「日頃の体調管理」も重要になります。体調が悪いと熱中症になりやすいからね。無理しないで、少しでも異常を感じたら、すぐにコンビニ等で休憩し、健康・安全第一に自転車通勤を楽しんでください。

自転車旅が好きな中年親父。キャンプ経験(キャンプディレクター)から、自転車キャンプツーリングにハマりました。名前の由来は、出生時の体重が3,750g (貫は重さの単位で、1貫=3,750g )だったことから。#自転車旅 #クロスバイク #アウトドア #キャンプ #自転車通勤

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする