新型コロナ対策で自転車通勤を始めよう


新型コロナウイルス感染症対策として、自転車通勤を始めた方が急増しているようです。三密回避のために非常に有効ですが、感染防止のために徹底すべきこととして、①ソーシャルディスタンスを確保②ソロ(単独)で走る③疲れすぎないこと④店などに立ち寄らない⑤コースを工夫する、などがあげられます。

<目次>
1 新型コロナ対策で自転車通勤が有効な理由
 1(1)満員電車・バスなど避けられる
 1(2)健康の維持に有効
2 新型コロナ対策で自転車通勤するときに徹底したいこと
 2(1)ソーシャルディスタンスを確保
 2(2)ソロ(単独)で走る
 2(3)疲れすぎない
 2(4)店などに立ち寄らない
 2(5)コースを工夫する
3 新型コロナ対策で自転車通勤を始めるなら
4 まとめ

1 新型コロナ対策で自転車通勤が有効な理由

1(1)満員電車・バスなど避けられる

自粛要請が解除され、人々の動きが戻りつつあります。電車・バスの混み具合もだんだん戻ってきています。

とはいえ、可能な限り三密を回避する「新しい生活様式」を会社・学校といった組織で対応するだけでなく、個人でも考えて行動してくことが求められています。

そこで、自転車通勤は、満員電車等を避ける有効な手段として、国も奨励しているのです。

1(2)健康の維持に有効

自転車通勤は健康維持に有効です。

消費カロリーが高く、長時間運動(有酸素運動)しやすいなど、メリットだらけです。

詳細は別ページで詳しく説明しています。

2 新型コロナ対策で自転車通勤するときに徹底したいこと

2(1)ソーシャルディスタンスを確保

ソーシャルディスタンスは2mを確保しましょう。

自転車走行であれば、2m確保は容易であることがわかります。

2(2)ソロ(単独)で走る

集団で走るのは避けましょう。そもそも、通勤はソロ(単独)で行動している方が多いとは思いますが。

2(3)疲れすぎない

これがとても重要です!疲労が溜まると免疫力が落ち、感染のリスクが高まります。

程よい運動は健康維持・増進につながります。何でも程よいことがベストです。

2(4)店などに立ち寄らない

できるだけ人混みを避けましょう。

止むを得ず、買い物等をしなければならない時は、マスクを着用するようにしましょう。

自転車通勤に便利なマスクを別ページで紹介しています。

2(5)コースを工夫する

できるだけ、交通量の少なく人混みを避けるようなルートを選びましょう。

ルート検索やナビを利用するなら、スマホホルダーを取り付け、スマホをナビとして使うと便利です。

3 新型コロナ対策で自転車通勤を始めるなら

まずは、自転車通勤の距離を調べてみましょう。そして、自転車ではどれくらい時間がかかるのか、また、毎日「無理なく」「楽しく」自転車通勤をするには、どんな自転車がいいのかを検討しましょう。

自転車通勤の距離に応じて自転車を選ぼう

自転車通勤におすすめのクロスバイク

自転車通勤におすすめの電動自転車

自転車通勤におすすめの折りたたみ自転車

自転車通勤の雨対策

自転車通勤のノウハウ一覧

4 まとめ

自転車通勤を続けていくことを考えたら、便利さだけでなく、自転車に乗ることを自体を楽しめるといいですね。是非、ご検討ください。


コメントを残す