クロスバイクのお尻が痛い問題はサドル交換で解決することがあります

クロスバイク

クロスバイクやロードバイクに乗り始めると、多くの方が体験する「お尻が痛い」問題。いろいろな解決方法がある中で「サドル交換」も有力な方法の一つです。そこで、サドルもスポーティーなものやお尻対策に効果のあるものまで多様にありますので、着せ替え感覚で楽しむのもいいのではないでしょうか。

クロスバイク用サドルの種類はどれがいい?

溝なしタイプ

 

溝なしタイプの良さは、ポジション(位置)を決めやすいことです。初心者の方は特に、ポジションとフォームを正しく見つけておくことが、体への負担を少なくすることになります。

ただ、形でいうとお尻の痛みは一番、出現しやすいとも言えます。

溝ありタイプ

股間を圧迫しない分、痛みが出現しにくくなります。ポジション変更がしやすく、初心者の方も使用している方が多いです。

穴あきタイプ

機能性を求める方におすすめのタイプです。穴が開いていることによって痺れを感じにくく、比較的長時間心地よく乗り続けることが可能です。また、通気性が良いのも特徴です。

クロスバイク用サドルのパッドの厚さは?

「お尻が痛い」問題に悩んでいる方にとって、厚みのあるサドルは有効です。厚みがあることで、圧迫を軽減し、サドルを換えるだけで問題が解決する場合もあります。検討の余地ありです。

ただし、厚みのあるサドルはその分重さもあるため、車体が重くなってしまいますので、そこは妥協するかどうか。

おすすめのクロスバイク用サドル

「お尻が痛い」を軽減できそうなサドル

スポーティなサドルなら

まとめ

クロスバイクも長期間乗っていると、サドルも次第に磨耗していきますので、いずれ、交換するものでもあります。着せ替え感覚でもいいし、快適なクロスバイクライフを送っていただきたいと思います。

【合わせて読みたい】

コメント