サイクリングに適しているシューズはどれ?スニーカーからビンディングシューズまで紹介!

クロスバイク

サイクリングを始めた方にとって、どんなシューズが便利なのか、スニーカーとかでもいいのか、もっと快適なものはないかとお探しの方も少なくないでしょう。結論から言うと動きやすいものならなんでもいいのです。今回は、サイクリングに適しているスニーカーから、本格的なビンディングシューズまで紹介します。

サイクリングに適したシューズとは

サイクリングに向いているシューズのポイントは、

  • 脱げにくい
  • そこが滑りにくい
  • 軽い

となります。そこで、普段履きできるシューズの中でも

・スニーカー
・ランニングシューズ
・スリッポン

が適しているといえます。

ペダルを漕ぎ続けるわけですから、まずは動きやすいシューズであることが必要です。また、底が滑るもの・脱げやすいものはペダルを漕ぐ動きに支障が出て、不快極まりないですし、安全性にも問題があります

サイクリングに適さないシューズとは

革靴

靴のそこがツルツルで、ペダルを踏んでいるときに滑りやすく、踏み外しやすい。通勤でどうしても必要なら、トゥークリップをつける、という方法があります。

ブーツ

底が厚くて、ペダルを漕ぎにくい。

登山靴

底が厚く頑丈にできている分、重くてサイクリングには向かない。ただし、軽いトレッキングシューズは疲れにくく、サイクリングに適しています。

サンダル

脱げやすいところが難点。かかとを固定するタイプなどの工夫が必要。

ヒール・パンプス

かかとが高いと漕ぎにくく、自転車操作がしにくくなる分、安全性が確保できません。

サイクリングにおすすめのシューズ

普段履きできるシューズ

街歩きできるビンディングシューズ

本格的なSPD-SLタイプのシューズ

まとめ

サイクリングに適したシューズを選んでおくことも快適で安全なライドにつながりますので、是非、サイクリング用のシューズを検討してみてください。

コメント