クロスバイク用のおすすめライト【2020年版】

クロスバイク

クロスバイクには初めからライトがついていないものが多いので、新たに準備する必要があります。夜間走行において、法律で定められているだけでなく、自分自身の安全のため、車などから存在に気付いてもらうためにも、絶対必要なアイテムです。そこで、便利で機能的なクロスバイク用フロントライト、リアライトを紹介します。

クロスバイク用のライトの明るさはどれぐらい必要?

フロントライトの場合は、夜間で前方10メートルの距離にある障害物を確認できることが目安となります。リアライト(テールライト)の場合は、夜間で後方100メートルの位置からライトの点灯が確認できることが必要です。

ライトの明るさは、街灯が多い街中においては、200〜300ルーメンあると大丈夫です。街灯の少ない場所なら、400〜1,000ルーメン街灯のない山道等を走る場合は1,000ルーメン以上のものがいいでしょう。

ライトによっては、明るさを切り替えることができるモデルもあります。明るいほど、バッテリーの消耗が早く、突然バッテリーが切れるのは大変怖いことです。上手に切り替えて使うことをおすすめします。

便利なクロスバイク用のライトとは?

電源について

充電式

内蔵バッテリーで充電できるライトです。繰り返し使えることでコストを抑えることができます。モバイルバッテリーにつなぎ充電しながら使えるタイプもあります。夜間走行が多い方におすすめです。

電池式

充電する必要がなく、乾電池も手に入りやすいため、使いやすいと感じている方も多いかと思います。電池式のデメリットは、電池を入れるスペースが必要な関係で「ライトが大きくなりがち」なところです。ある程度の明るさを求める場合は、充電式の方が便利です。

ソーラー式・ダイナモ式

ソーラー式は太陽光から充電するタイプですが、充電完了までの時間が長いところが難点です。ライトを頻繁に使う方には向きません。

ダイナモ式はタイヤとの摩擦を利用して発電するタイプで、ママチャリによく利用されています。ライトだけでなくダイナモブラケットも必要で、自分で取り付けなければなりません

便利な機能について

防水機能

絶対外したくない機能です。自転車に乗っていると、いつ雨に降られるかわかりません。防水機能がなく、雨に濡れてライトがつかないといった最悪の状況は避けたいものです。

点滅機能

あくまでも補助的な機能として考えてください。点滅と常時点灯を切り替えられるものが多いです。

光度調整

場所によって、必要な光量が違います。約10m先が見えることを目安に、光量を調整することによって、バッテリーの持ちを長くすることができます

バッテリー残量表示

バッテリー残量をが少なくなってきたことを表示する機能です。ボタンの点滅等で知らせてくれるので、夜間でも目視で確認できます

クロスバイク用おすすめフロントライト

クロスバイク用おすすめリアライト

まとめ

クロスバイクには必須のライト。自分のスタイルに必要なライトを使って、安全に快適に自転車ライフを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました