クロスバイク用おすすめ泥除けを紹介します

クロスバイク

クロスバイクは高速・長距離走行が重視されて椅子ので、車体はできるだけ軽量化されています。そのため、泥除け(フェンダー)がついていないモデルが多くなっています。普段乗りや自転車通勤で、泥除けがないと服や靴が汚れてしまうことがあります。そこで、クロスバイク用おすすめ泥除けを装着し、より便利にクロスバイクを使いましょう。

クロスバイクに泥除けをつけるメリット・デメリット

クロスバイクに泥除けをつけるメリット

泥除けはタイヤから跳ね上がるしぶきから、服、靴などを守ってくれます。特に後輪から跳ね上がってくるしぶきは、お尻、背中、頭などを盛大に汚してしまいます。通勤・通学をしていてる時にはとても不便ですよね。

クロスバイクに泥除けをつけるデメリット

泥除けをつけることで、車体が重くなることが挙げられます。中には、軽量・コンパクトのものもありますので、このデメリットを軽減できるものがあります。

クロスバイク用泥除けのタイプ

着脱式で携行できるタイプ

まず、おすすめしたいのが、スポーティーなクロスバイクの雰囲気を保ちつつ、取り付けが簡単な、着脱式。取り付けは、シートポストの一箇所に固定するだけです。雨が降っている時だ付けて、晴れている時は取り外すなどの使い方もできます。また、中にはコンパクトに折りたためて、バッグなどに入れて持ち運べるタイプもあり、便利です。

工具で取り付けるフルフェンダータイプ

泥除けにはママチャリと同様な「フルフェンダー」式もあります。このタイプは、タイヤ全体を覆うので、泥跳ねを防ぐ性能が高いでです。ただし、頑丈なつくりで、重たくなってしまうのと、取り付ける時の手間や工具が必要になってきます。

おすすめのクロスバイク用泥除け

まとめ

クロスバイクに泥除けをつけ、普段乗りや通勤・通学にも快適に便利に自転車ライフを楽しんでください。

コメント