クロスバイクでロングライドをしよう!【初心者でも100km走れます】

クロスバイク

サイクリングが気持ちいい季節になりました。クロスバイクでロンクライドするのも超楽しいレジャーです。運動にもなってストレス発散にもなるし、自然の風景にも癒されます。初心者でも100km走れるようになるることも決して難しくありません。そこで、クロスバイクでロングライドを始めるときのコツ・注意点などを解説します。

自転車選び

定番メーカー

GIANT(ジャイアント)

クロスバイクの定番といえば「GIANT」。台湾で設立され世界規模で展開しており、コスパも優れており、クロスバイク入門として間違いのないメーカーです。

2020 GIANT Bicycles | Bikes
RIDE LIFE. RIDE GIANT. わたしたちGIANTは、魅力的で幅広い製品ラインナップを通じて、世界中の人々を自転車というすばらしい冒険へと駆り立ててまいります。

TREK(トレック)

ロードバイクレースでも実績豊富なアメリカのブランドです。

クロスバイク | Trek Bikes (JP)
トレックのクロスバイクは、自転車通勤や通学、ダイエットや運動が目的のフィットネス、ロングライド、カジュアルライド、街乗り、あらゆる目的を叶えるクロスバイクです。また、モチベーションを高めるために多くのカラーバリエーションをご用意したクロスバイクです。

Bianchi(ビアンキ)

チェレステカラーと呼ばれる鮮やかな色が特徴で、女性にも人気が高いブランドです。

Bianchi | BIKES SPORT
イタリアの自転車メーカー「Bianchi」のジャパンオフィシャルウェブサイト。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

カジュアルなデザインが人気のカナダのブランドです。

最新モデル 車種一覧
ルイガノ 最新モデル 電動アシストバイクのカテゴリ一とオプションパーツの一覧です。

信頼できる通販なら

・プロの整備士が組み立て、整備した自転車を購入できる
・アフターサポートも充実
・防犯登録・自転車保険加入も一緒にできる

これらの条件からベストなネットショップは

自転車通販サイト【cyma】

というのが私の結論です。

まずは気軽に走ってみよう

目的はあってもなくても良い

クロスバイクを手に入れたら、まずは何も考えずに走り出してみましょう。ちょっと気になるお店、みに行ってみたい場所、何でもいいと思います。

クロスバイクでサイクリングする心地良さや疲労具合、手足や腰、お尻への負担感などを感じることでしょう。

これらの経験をもとに、次へのステップに生かしていきます。

少しずつ距離を伸ばしていこう

初めは10〜20kmから徐々に伸ばしていく

体力には個人差がありますので一概には言えませんが、最初から無理をすることは絶対やめましょう。楽しいはずのサイクリングが楽しくなくなってしまいます。

初めは軽めに、10〜20kmから徐々に伸ばしていくことをおすすめします。「もう少し、やりたいな」と思うくらいでやめておくのがコツです。

そして、徐々に距離を伸ばしていきます。次は20〜30km、40〜50km、・・・・という具合です。

心地よい筋肉痛ぐらいでペースアップしていくとちょうどいいかと思います。次の日の仕事に支障が出るくらいのダメージにならないようにしましょう。

サイクルコンピューターを使うと便利

さて、走行距離は自分にとって大きな励みになります。そこでおすすめなのは「サイクルコンピューター」。走行速度、平均速度、最高速度、走行距離、積算距離、走行時間、消費カロリー、CO2削減量などが測定できます。時刻表示もあります。

シンプルな機能で使いやすい有線式のサイクロコンピュータです。スポーツバイク初心者にも簡単に使え、センサーが有線なので信号が混信せず、安定した計測が可能です。雨天時も使用可能な生活防水仕様になっています。

有線ではなく無線タイプもありますので、そこは好みで。

100km乗れた時の達成感はハンパない!

次第に距離を伸ばしていき、いよいよ100kmに挑戦!という日がやってくることでしょう。

これまで徐々に距離を伸ばしてきている方は、間違いなく100kmを達成することができます。

自転車を漕ぐのに必要な筋力がついてきていますし、適度に休憩をとることで、無理なく走り続けることができます。

「自分は自転車で100km走れるんだ!」という経験はあなたにとって大きな自信になります!!

ロングライド用のアイテムがあると安心

予備チューブ・タイヤレバー

予備チューブ・タイヤレバーがあれば、パンクした時にすぐに対処できます。ロングライドをするなら必須スキルとなります。

空気入れ「パナレーサー(Panaracer) 携帯空気入れ 」

ロングライドに携帯用空気入れを持っていく場合は、「パナレーサー(Panaracer) 携帯空気入れ 」が鉄板。2,000円未満でコンパクトながら、足で踏んで固定してピストンすることができ、十分な空気圧まで入れることができる、コスパ最強の携帯型ポンプです。

自転車用携帯工具セット

ロングライドをしていると、サドル等の調整が必要な場合があります。そんな時には携帯型の工具が大変便利です。

補給食

補給食について、別ページに詳しく解説していますので、ご参照ください。記事タイトルは「自転車旅」になっていますが、ロングライドにも同じことが言えます。

お尻対策

別ページに詳しく書いていますので、ご参照ください。

ヘルメット「OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット」

販売店では、「ヘルメットは安物でもいいからできればかぶってほしい」という声もあります。

しかし、やっぱり大事な頭を守るヘルメット。私も命を救われた経験があります。いいヘルメットは安物と比べて装着感が全く違います。プロロードレーサーと同じものを、とまでは言いませんが、ある程度、しっかりした品質のヘルメットをおすすめします

グローブ「ウェルクルズ(Wellcls) サイクルグローブ」

真冬以外は指切りタイプが便利です。また、疲労軽減のためのパッドがあると、ロングライドで大きく差が出ます。

まとめ

クロスバイクでロングライドをやり始めると、休日の過ごし方の充実感がハンパないです。体力もつくし、美味しいものを食べたり、綺麗な景色に出会えたり、人生が好転していくこと間違いなし。是非、チャレンジしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました