キャンプ・アウトドア

キャンプ・アウトドア

秋の星空教室の進め方

時には夜に星空を眺めてみましょう。この夏は木星と土星が見えていましたが、10月は次第に宵のうちに沈むようになってきます。秋は「秋の四辺形」を含むペガスス座や、北東の空に上ったカシオペヤ座が見つけやすくなります。今回はキャンプなどで星空教室を開催するときの進め方を紹介します。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

スキーをオールシーズン楽しむことができる「サンビレッジ茜」はキャンプもできるアウトドア体験施設だった

全国でも有数の人工芝スキー場「サンビレッジ茜」が福岡県飯塚市にあります。ここはスキーがオールシーズンできることに加え、キャンプ場、バンガロー、レストラン等の施設が充実しており、様々なアウトドアが体験できます。子供会や学校の利用もあり、ファミリーでも団体でも利用しやすい施設です。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

コット(アウトドア用ベッド)はキャンプにおすすめ!

アウトドア用ベッド(コット)の活用方法をあげてみると、①野外で寝る(仮眠する)②簡易ベンチとして座る③雨で荷物が床に置けない時の荷物置き場④コットの上にソロテントを張って寝る⑤家の中で簡易ベッドとして⑥家の中のインテリアとして、と、かなり便利なアイテムです。どんな使い方やメリットがあるのか、紹介します。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

キャンプのお風呂問題はどうしていますか?

キャンプのお風呂問題はどうしていますか?野外で活動していますので、特に真夏の場合は、汗びっしょりになっていることでしょう。体を清潔に保つのも大事な体調管理の一つ。ただし、いつでもお風呂やシャワーのチャンスがあるとも限りません。本記事では、キャンプのお風呂問題について、どんな選択肢があるのかを紹介します。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

自転車旅の洗濯はどうするのか問題について答えます

自転車旅での洗濯はどうするのか問題について。以前私は「コインランドリー最強!」と主張していましたが、コインランドリーが近くにない場合は「手洗い」になります。手洗いするときの道具や便利な使い方について説明していきます。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

ソロキャンプをおすすめする理由と必要な道具

ソロキャンプは自由度が高く、全て自分自身で生活するところが魅力です。その土地の気象や状況を敏感に察知し、安全を自分で確保した上で、自分がやりたいことをする。自然にアウトドアスキルも高まります。また、全く人に会わないというわけではなく偶然の出会いもあるのでそれもまた楽しいですよ!
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

子どもや初心者でも安心してシュノーケリングを楽しもう

ライセンスや特別な道具を必要とせず、海の中のいろいろな生き物と出会うことができる「シュノーケリング」。ライフジャケットやウェットスーツなどをつけて行うので、どんな世代の方でも、泳ぎが苦手でも安全に楽しく行うことができます。必要な道具や基本的な使い方、基本技術を知って、思いっきり海を楽しみましょう。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

テント泊初心者がはじめに準備する道具8選

自然を全身で感じたいなら、テントに泊まることをおすすめします。テントでひと晩過ごすと、大地や森と一体になったような、自然の中に溶け込む感覚を体験できます。テント泊は難しい、準備が大変と思うかもしれませんが、初めに基本的な道具を揃えれば、何回でもテント泊ができるようになりますよ。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

登山初心者でもできるグループ登山

登山ブームによって様々な世代の方がいろんなスタイルで山歩きを楽しんでいます。子どもたちに登山を体験させたいと思っている方も多いことでしょう。グループ登山では、①準備(装備)②隊列の重要性・歩き方の工夫③休憩の取り方④行動食、といったことが必要になってきます。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

天体望遠鏡を使わない天体観察

天体望遠鏡を使わないでも天体観察ができます。双眼鏡しかなくても、例えば①星座見つけ②月の観察③彗星を観察④流れ星の観察⑤日食の観察⑥月食の観察⑦人口衛星の観察、という活動ができます。事前に情報をつかんでおき、時間と場所を狙って計画すれば、印象的な天体ショーに触れることができます。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

川で安全に活動するために

川で安全に活動するためには①川やその周辺(上流)気象情報をこまめにチェック②川の流れと深さを知る③危険箇所を知る④けがの対処法③川で溺れたときの対処法、といったことがあげられます。川は常に変化していることを忘れずに、安全に楽しんでいただきたいです。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

海で安全に活動するために

海で安全に活動するために必要な知識として①気象情報、海の状況をこまめにチェック②危険な生物について③海で多いけがや事故防止について④トラブルの際の対応策、といったことがあげられます。海水浴やキャンプ、マリンスポーツで事故が起きないように、事故を未然に防ぐ方法を知っておきましょう。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

山で安全に活動するために

山で安全に活動するための基本は、①気象情報をこまめにチェックする②滑落や落石等の危険箇所を把握し、必要に応じて装備を準備③危険な動植物(蜂、ウルシ等)の把握④熱中症・低体温症の予防⑤けがをしたときやトラブルの際の対応策を準備しておく、といったことがあげられます。ここではこれらのことを詳しく説明していきます。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

自然を舞台としたダイナミックなスポーツ「オリエンテーリング」にチャレンジしよう

地形図とコンパスを手がかりにチェックポイントに到達することを目標としたアウトドアスポーツ「オリエンテーリング」をご存じですか?自然を舞台としたダイナミックなスポーツとして楽しめます。自然の家等には子どもたちも取り組める教材が準備されていることが多いので是非活用してみてください。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

夏の星空の楽しみ方

夜、晴れていたら星を見てみましょう。街の中では、2等星ぐらいしか見えないかもしれませんが、夏の有名は星座ぐらいは見つけられると思います。空を見て、10個以上星座がわかると、星に興味を持ち始めると言われています。まずは、10個見つけられるように覚えてみると、きっと楽しくなります。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

キャンプのレクリエーションの進行のコツを教えます

キャンプでレクリエーションをすることはよくあると思います。本やインターネットにはネタがたくさんありますが、これを見ただけで上手にレクリエーションを進行できる人はほとんどいません。対象者とのコミュニケーションをとりながら、みんなを楽しく巻き込むにはコツを紹介します。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

子ども対象のキャンプにおすすめのプログラム

人間は本能的に危険なものに魅かれる、という習性があります。キャンプでいうと「火」「刃物」「暗闇」です。ですから、子ども対象のキャンプでは敢えて、薪で火をおこし、刃物(ナタやナイフ、包丁)を使い、夜も外に出かけるプログラムを入れておくと、本能をくすぐるキャッチーなキャンプになります。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

長期宿泊キャンプの企画のコツを教えます

長期宿泊キャンプのおもしろさは、「生活そのものを楽しむ」ことにあると思います。もちろん、それぞれのアクティビティもおもしろいのですが、生活そのものを楽しむこと、自分の手でつくったり、工夫したり、整えたりすることを楽しむことが長期キャンプの醍醐味ではないでしょうか。ここでは、長期宿泊キャンプの企画をする場合のコツを説明します。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

キャンプにアクションカメラ、プロジェクター、オーディオをもって野外シアターを楽しもう

キャンプに「アクションカメラ」「モバイルプロジェクター」「ポータブルオーディオ」を持って行くと、アクションカメラで撮影したものをそのまま野外シアターで鑑賞できるのが魅力です。もちろん、お気に入りのDVDを持参して、星空のもと映画鑑賞してもいいですね。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

キャンプや車中泊に適したバッテリーはこれだ!

キャンプや車中泊に適したバッテリーは①大容量ポータブルバッテリー②ソーラーバッテリー③大容量モバイルバッテリー、があります。車で移動する場合なら多少重くても①大容量ポータブルバッテリーが便利です。徒歩や自転車で移動するキャンプであれば、②ソーラーバッテリー③大容量モバイルバッテリーの組み合わせになるでしょう。どんなキャンプをするかに応じたバッテリーの選び方について説明します。
2020.08.23
スポンサーリンク