自転車旅ノウハウ

自転車旅の一日の走行距離はどう計算したらいいのか

自転車旅をする時、一日の走行距離はどれぐらいで計算していますか。一日100kmを連日走れるようになったら、自転車旅が随分、楽になります。よく言われているのが「自分の力の70〜80%が自転車旅にはちょうどいい」。私は、一日150kmが限界なので、一日100kmがちょうどいいです。今回はこの件について解説します。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

自転車旅を安価に実施する方法

自転車旅をできるだけ安くしたいとか、お金がないけど自転車旅ができるか、といった声もあることでしょう。私もお金には限りがあるので、安くできれば多くの旅ができるわけでもあります。自転車本体や装備の予算を除いて、旅行中の出費を抑える方法を知っておいても損はないと思います。今回は自転車旅を安価に実施する方法について解説します。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

【保存版】自転車旅で雨の時はどうするのか

自転車旅で雨が降っている時の対処法を整理しました。① 濡らしてはいけないものの確認と防水対策②進むか一時避難するか判断(十分な情報収集)③進む場合は安全第一に(雨天時のリスクを理解した上で)④一時避難の場合は人の迷惑にならない所で。結局、これはアウトドア全般に通じるものですね。詳細について説明します。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

自転車旅におすすめのリュックと使い方のコツ

自転車旅に必要な道具を運ぶバッグとして、リュック(バックパック)を使う方は多いと思います。ところが、問題点として、①自転車は汗をよくかくので、リュックを背負っていると背中が蒸れて暑くなる②長時間乗っていると肩や背中が痛くなる、といった点が挙げられます。今回はそういった悩みを解決します。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

自転車旅でテントを張る場所はどこがいいの?

自転車旅でのテント泊をする場合、テントを張る目的を意識しましょう。テントは風雨など気象環境や動物(生き物)から身を守り、安全に寝泊りをするための道具です。そのため、①床面に小石やゴミなどがなく、できるだけ平らなこと②風が強い場所、水が流れてくる場所、崖の近くは避けること③人に迷惑をかけないを基本に場所を決めます。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

自転車旅にあると便利なおすすめの装備・持ち物

テント泊する自転車旅の道具はできるだけ少なくしたいもの。ただし、野宿しながらの自転車旅はある程度の不便さを伴いますので、道具を上手に使って気持ちよく旅したいですね。今回は、あると便利(=絶対必要というわけではない)な装備、持ち物を紹介します。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

【保存版】長期間自転車旅に最低限必要なもの

自転車旅で長期間、野宿しながらの旅に必要なものは、自転車装備の他に、キャンプ道具、生活道具といったものがあります。この長期自転車旅は、自転車ツーリングとキャンプといった二重の楽しみ方ができると同時に、アウトドアスキルが必然的に高まり、衣・食・住の生活そのものの有り難さ、かけがえのなさを感じることができます。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

自転車旅に最低限必要なもの(日帰り〜1泊)

自転車旅に最低限必要なものを考えてみました。今回は、日帰りから1泊ぐらいまでの旅を想定しています。自転車は当たり前として、自転車に装着するもの、持っていくものを厳選してみると、意外と特別なものはありません。つまり、野宿とかしない限りは、手軽な準備ですぐに旅に行けることがわかります。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

災害の備えにもなるキャンプ用品・キャンプスキル

台風等で被災した時、キャンプ用品・キャンプスキルは大変役に立ちます。なぜなら、水、電気が限られている時の生活を支えることができるからです。また、人間の生活の基盤である衣・食・住について、限られた条件の中でも少しでも快適に、安全に、心地よく工夫することもできます。
2020.08.23
クロスバイク

クロスバイクで100kmツーリング(福岡→熊本)

今年の2月ごろ、クロスバイクで日帰りツーリングをした記録です。福岡→熊本で、だいたい100kmになります。国道3号をずっと南下していくコースです。帰りは輪行したので、一日100kmぐらいなら、自転車初心者でも可能なツーリングだと思います。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

自転車キャンプツーリングにマットは必要か?

自転車にテントや寝袋などのキャンプ道具を積んで、キャンプをしながら旅をするのが自転車キャンプツーリング。車での移動であれば、ある程度の荷物が積めますが、自転車の場合は知恵が必要です。荷物は自分の衣食住に必要なものを厳選し、できるだけ軽量にしなければなりません。そこで、キャンプでよく使う「マット」は本当に必要ですか?
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

自転車ひとり旅(自転車ソロキャンプツーリング)の醍醐味は「人との出会い」です

自転車ひとり旅(自転車ソロキャンプツーリング)の醍醐味とは何か?多くの方が語るのは「人との出会い」です。一人で旅をする目的は忘れずとも、偶然の出会い、地域の方とのふれあいは、とても印象深く、忘れられない思い出になります。私も旅をしている時は、1日あたり1人平均ぐらい、素敵な出会いがありました。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場で女児が行方不明になった件で、今後の子どもの安全管理について考えた

山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場で女児が行方不明になった件で、これからの子どもの安全管理をどうすればいいかを考えました。今回提案するのは、①参加者同士のチームワーク②子ども見守りアイテム「ココキッズ」の活用、の2つです。特にココキッズはレンタル代が月額980円(税別)なので、検討する価値ありだと思います。
2020.08.23
旅・ドライブ

【福岡県大任町】道の駅おおとう桜街道にドライブに行って、自転車旅目線で楽しんでみた【単なるドライブ】

自転車旅でも強い味方の「道の駅」。最近ではマナー問題があり、テント泊する人やキャンピングカー等で車中泊をする人のモラルが重要ですね。先日、福岡県大任町にある「道の駅おおとう桜街道」にドライブに行ってきました。ついつい、自転車旅目線で見てしまうのですが、綺麗なトイレ、温泉があり天国のような場所でしたので紹介します。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

ハイキングの楽しみ方(「歩くこと」プラス何か「楽しいこと」)

ハイキングは自然の中を歩くこと自体、心地よく楽しいものです。そこで、ハイキングの楽しみ方として、「歩くこと」に何か「楽しいこと」を加えると面白いんじゃないかと思います。今回は、ハイキングの楽しみ方のネタをいくつか紹介します。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

ハイキングにおすすめの服装、シューズ、持ち物などの準備について紹介します

アウトドアのアクティビティの中で気軽に始められるのがハイキングです。山・海沿いなどの自然に親しみながら歩いたり、史跡巡りをしたり、朝市などを楽しんだりと様々な楽しみ方ができます。野外で活動する以上は、自然の変化に対する準備が必要です。ここでは、ハイキングにおすすめの服装、シューズ、持ち物などの準備について紹介します。
2020.08.23
自転車通勤

自転車通勤の保険はコンビニで申し込めます!

自転車通勤を検討さている方!自転車保険に入っていますか?自転車事故で莫大な損害賠償費用を請求されるケースが報道され、保険加入は必須になりますね。ご自身のクレジットカードや自動車保険に自転車保険が付帯していないかチェックし、まだ未加入であれば、自転車保険加入が必要です。
2020.08.23
キャンプ・アウトドア

秋の星空教室の進め方

時には夜に星空を眺めてみましょう。この夏は木星と土星が見えていましたが、10月は次第に宵のうちに沈むようになってきます。秋は「秋の四辺形」を含むペガスス座や、北東の空に上ったカシオペヤ座が見つけやすくなります。今回はキャンプなどで星空教室を開催するときの進め方を紹介します。
2020.08.23
自転車旅ノウハウ

自転車旅に輪行を入れて旅のバリエーションを増やそう

自転車旅に他の乗り物を組み合わせると、自転車旅のバリエーションが一気に広がります。例えば、自転車旅に車、電車、船、飛行機、(バス)、といった感じです。これには自転車を収納する専用バッグ(輪行袋)を使います。限られた時間で旅をする場合にも輪行を入れると活動範囲がぐっと広がります。
2020.08.23
ポタリング

ポタリングは楽しい!是非、生活に取り入れよう!

先日、天気が良かったので、お気に入りの川沿いポタリングに行ってきました。ポタリング(和製英語: pottering)は、一人か家族連れや気の合う仲間で、近郊を「散歩」程度に軽くサイクリングすることです。空、川、稲、彼岸花といった感じで秋が近づいているのを感じます。是非、ポタリングを生活に取り入れてみましょう。
2020.08.23
スポンサーリンク